生理後のおりものの匂いを改善しよう

生理中はおりものの臭いが強くなる事が多いです。また、生理後にも臭いが強いままである場合も多いです。

■おりものの臭いの誘因
普通は、おりものの臭いは気に掛からないでしょうが、生理後にはおりものの臭いが強くなるケースがあります。その理由は「生理」そのものにあります。

◇生理がおりものに与える影響
身体の調子が少し変わるだけでも、おりものの臭いや色合いが変わる場合があります。ことに、生理はおりものの様子を変える最大の誘因の一つであるとされています。

膣の中の状態は生理によって変わります。生理前は少しアルカリ性に偏っているものですが、生理後は酸性に偏る場合が多いです。「酸」性ですから、生理後のおりものはやはり酸っぱい臭いがする場合が多いです。

◇生理の残滓
生理の際は、経血は当然として他にも色々な物がおりものと一緒に出てきます。その事が原因となって、普通のおりものに比べて、生理後のおりものの臭いは酷くなってしまう事が多いのです。

生理中におりものと一緒に出る事が無かった残滓が、生理後に出てきてしまうので、生理中と同じような強い臭いがしてしまいます。

ただし、ある程度時間が経過すれば残滓を出し切って、ほぼ臭いは消えるはずです。

■おりものの臭いをケアしよう
では、生理後のおりものの臭いをケアするにはどうすれば良いのでしょうか?

◇洗浄のし過ぎはNG
おりものの臭いをケアしたい場合は、水だけで洗うべきだとされています。ただ「おりものを水で洗うだけで臭いが軽減できるのか心配」という人もいると思います。

しかし「不安だから」と言って石鹸などで洗うと、むしろ臭いが酷くなってしまう場合があります。なぜなら、善玉菌が石鹸などで死んでしまうからです。

臭いの要因菌を、善玉菌はある程度退治してくれています。ですから、石鹸などで善玉菌を除去してしまうと、むしろ臭いが強くなってしまう場合があるのです。

◇膣用の石鹸や洗浄剤を使いましょう
産婦人科においては、膣用の石鹸や洗浄剤を用いた膣洗浄によって、おりものを洗い流す事が多いです。

そして私達も、ネットで簡単に膣用の石鹸や洗浄剤等を買う事ができます。せっかくこういうものがあるのですから、普通の石鹸ではなく、専用のアイテムを使っておりものの臭いをケアしましょう。

膣用の石鹸であれば、善玉菌をほぼ減らさずに汚れをケアする事が可能なので、臭いをしっかりとケアする事ができます。おりもの 臭い ケア