おりものの量、悪臭、異色で疾患が分かる

おりもの状態には各々で差がありますから、少しくらい自身のおりものが普通とは違っても、それほど不安がる必要はありません。

ですが、おりもの臭いや色合いなどが急激に変わったり、その変化の幅が大きかったりする場合は、注意した方が良いと言われています。

■そもそもおりものとは?
大前提ですが、おりものにはきちんと役目がありますので、おりものの分泌自体を止めようとは思わない事です(止められるものでもありませんが)。

そして、おりものの色合いが普段と違ったり、臭いが大幅に酷くなったり、分量が大幅に多くなったりしたのであれば、身体に何らかの異変が起きている恐れがあります。

おりものの役目をきちんと覚えて、おりものとしっかり向き合いましょう。

◇おりものの構成物
子宮内膜や、膣の子宮頸管の粘膜からは粘液が出ています。これがおりものの主な構成物なのですが、さらに細かく見ていきますと、「粘膜自体」、「汗腺から出る汗や皮脂」、「外陰部から出る皮脂」、「死んだ細胞」などもおりものに含まれています。

このようなものが入っているわけですから、おりものにある程度臭いや色があるのは当然の事です。

ただ、分量・臭い・色合い等が普段よりも大幅に異なるのであれば、気を付けた方が良いです。婦人系統の大事な器官からおりものは出ていますので、これらの部位に疾患等が起きている時にも、おりものが変質する場合があるからです。

■おりものと女性ホルモン
女性ホルモンとおりものは深く関わり合っておりますから、おりものは排卵周期や生理周期の影響によっても変質する場合があります。

疾患でなくても、ホルモンバランスが乱れただけでも、おりものの分量・臭い・色合い等が変質する場合があるのです。

◇おりものと老化
おりものが出る量には各々で差がありますが、年齢とも関わっています。女性ホルモンとおりものが深く関わり合っているというのは既に述べた通りであり、女性ホルモンの動きが活発になると、多くおりものが出るようになります。

20歳~40歳くらいは、女性ホルモンが元気な時期なので、この年代の女性はおりものの分量で悩んでいる人が比較的多いと言われています。そして、30歳~40歳頃におりものの臭いが一番強くなると見られています。

それから、年齢とは無関係に排卵期にはおりものの分量が多くなりやすいです。