おりもののニオイとSEXの関係性

男性にはほとんど無関係ですが、女性は性交渉の後に身体に異変が生じる場合があります。

■性交渉後におりものの臭いが変動する
性交渉の後に、陰部に何らかの変動が見て取れる場合があります。ただ、性器に変動が生じたからといって、男性ほど危険ではないケースが大半です。

◇おりものの悪臭がキツくなっても危険とは限らない
そもそも、おりものは少なからず臭うものです。子宮とその周囲の古びた細胞の残骸や、膣分泌液などで構成されているのですから当然です。

さらに、陰部は発汗量が多い場所でもあります。バルトリン腺からの発汗ならまだしも、臭い汗を出すアポクリン汗腺からの発汗の場合は、もちろん悪臭が酷くなりがちです。

 

さらに、皮脂腺から出る皮脂もおりものの構成物ですから、自然と臭いがキツくなりやすいのです。当然、おりものの分量が増えるほど、悪臭はキツくなる傾向にあります。

そして性交渉の後は、おりものの分量が多くなる可能性が高いのです。なぜなら、性交中は刺激や性的興奮などで陰部が湿る事が多く、これに伴っておりものも増えがちだからです。

ですから、おりものの悪臭が酷くなったように思えるのです。つまり、性交渉の後におりもののの悪臭が酷くなったとしても、他の異常が無いならば、性病の可能性は低いという事になりますね。

■性交渉後の血の混じったおりもには注意
ただし「おりもの変動そのもの」に、全く危険性が無いわけではありません。例えば臭いうんぬんではなく、血液がおりものに入ってしまっている場合です。

この折、当然ですが膣のどこかに傷が生じてしまっている恐れがあります。膣にはたくさんの細菌が住んでいますから、放置していると傷口に細菌が侵入してしまうかもしれません。

 

そして、生理期間中(には性交渉はあまりしないでしょうが)やその前後にも、性交渉後のおりものに血液が入ってしまう可能性があります。

また「傷」以上の重大な疾患の兆候という場合もあります。その内、一番恐ろしいのは子宮頸がんです。この疾患に陥っている可能性がどうしても否定できないわけですから、おりものに血液が入っていた場合は、医療機関に診てもらった方が無難です。

病院に行けば別ですが、おりものの悪臭や血液の有無だけで性病かどうか判断するのはなかなか困難です。「臭い」や「血液」以外の情報にも色々と目を向けておきましょう。

オリモノが水っぽいのはどうしてか

普通はおりものは、やや粘り気があるものの水っぽいです。ただ「水っぽさのレベル」は色々で、粘り気がほとんどない、ほぼ水のようなおりものが出る事もあります。

■水分量でおりものが変わる
粘度が異常に高いか、塊のようなおりものが出た場合は心配する人が多いでしょうが、異常に水っぽいおりものが出たとしても気にしない人が大半だと思います。

ですが、おりものが異常に水っぽい場合も、何らかの異変のサインであるケースもあるので油断はできません。

◇おりものと卵胞期
卵胞期(卵子が新規に生成されて成長する時期)に出るおりものは、水っぽさが強い場合が多いです。これは疾患ではなく自然な事なので、気にする必要はありません。時期が来れば、また粘性が戻るはずです。

◇おりものと妊娠初期
妊娠初期にも、おりものが異常に水っぽくなる事があります。ちなみに、妊娠初期にはおりものの分量が増える場合が大半です。

ただし「水っぽいおりものが出た=妊娠」とは断言できません。ですが、それに加えて「基礎体温が20日以上継続して高い」「生理が始まらない」などの妊娠初期のサインが出ている場合は、妊娠している確率が高いと言われています。

このようなサインが出ているのであれば、医療機関に行った方が良いと思います。

■異常に水っぽいおりものと病気
異常に水っぽいおりものが出た場合は、以下のような疾患のサインである可能性があります。

◇おりものとクラミジア頸管炎
この病気になった場合は、おりものが異常に水っぽくなるだけに留まらず、おりものの分量も多くなります。おりものの分量は各々で違いますが、クラミジア頸管炎に見舞われると、「膣の中から流れてくる」という規模の、明確に異常な分量のおりものが出ます。

加えて、茶色いおりものが出る場合もあります。これは血が入ってしまっているからである可能性が高いです。クラミジア頸管炎には、罹っても気付けないケースが大半なので、このような色合いの異常に水っぽいおりものが沢山出ている場合は、既に疾患がある程度エスカレートしてしまっている可能性もあります。

そして、発熱や下腹部の痛みに襲われる事もあります。早めに医療機関に行って、治療を行ってもらうようにしましょう。

◇おりものとトリコモナス膣炎
そして「トリコモナス膣炎」と呼ばれる性病に見舞われている場合もあります。こちらは臭いも色合いも変わります。臭いが酷くなって、黄色っぽくなるので気付きやすいと思います。

この病気は、かなり感染しやすい病気です。他人に感染させないためにも、上記のようなおりものが出た際は、すぐに医療機関に出向くようにしましょう。

その他「異常に水っぽいおりものが出た」という事が、子宮体癌等のサインである場合もあります。塊のおりものや粘度の高いおりものでなくても、危険な場合はあるので覚えておきましょう。また、臭いや色も重要なサインになり得るという事を抑えておいて下さい。陰部臭い