おりものが臭う時の病気

おりものの臭いがあまりに酷い場合は、婦人系統の病気に陥っているケースがあります。ですから、おりものの臭いには気を付けましょう。

■普段のおりものの様子を知っておこう
少し体調が変わるだけでも、おりものの様子は変化しますので、普段の自分のおりものの様子をきちんと知っておきましょう。

おりものの様子の変化が、体調の変動や婦人科系統の疾患のサインである場合があるというには既に述べた通りですが、普段のおりものの様子を知っておかないと、変化を察知する事ができませんよね。

◇問題のないおりもの
おりものに、臭いや色がほぼ無いのであればもちろん問題はありません。そして、おりものが多少白色に濁っていても、これもほぼ問題はありません。

臭いについても各々で差異が存在しますので、少し臭いが強いくらいならば心配する事はありません。少し酸っぱいような臭いがする場合でも、ほぼ問題はありません。

おりものの様子が上記のような状態に当てはまっているのであれば、ほぼ問題はありませんので、ご自身のおりものの様子を確認した事が無い方は、一度チェックしておく事をおすすめします。

そして、女性ホルモンもおりものを変化させる要因の1つですので、排卵期や生理サイクルが原因となって、おりものの様子が変わる場合もあります。

 

■おりものと婦人科系統の病気の関係性

◇膣カンジタとおりもの
身体の抵抗能力がダウンして、カンジタ菌に膣の中が侵される事で、膣カンジタに陥ってしまいます。この疾患になった場合は、固形のおりものが出てくる可能性が高いです。

無謀なダイエット等によっても身体の抵抗能力はダウンしますので、特に若年層でカンジタ菌に陥る人が増えています。

◇トリコモナス膣炎とおりもの
トリコモナス膣炎に見舞われると、おりもの色合いと臭いが変質します。健康な時のおりものでも多少黄色くなる事はありますが、トリコモナス膣炎になってしまうと、明らかにおりものの色が黄色くなります。また、緑っぽいおりものが出る場合もあります。

おりものの臭いに関しては、酷く生臭くなる場合が大半です。それから、外陰部が酷く痒くなる事も多いです。

◇クラミジア感染症とおりもの
クラミジア感染症に見舞われると、おりものの色合いが変質します。おりものと一緒に膿が出る可能性が高く、粘土が異常に強くなって、色合いは黄色っぽくなる場合が大半です。

この病気は進行性の病気ですし、別の婦人系統にも悪影響を与えて、感染していってしまう可能性が高いです。ですから、おりものの様子が上記のようになった場合は、すぐに医療機関に出向くようにしましょう。

おりもののニオイとSEXの関係性

男性にはほとんど無関係ですが、女性は性交渉の後に身体に異変が生じる場合があります。

■性交渉後におりものの臭いが変動する
性交渉の後に、陰部に何らかの変動が見て取れる場合があります。ただ、性器に変動が生じたからといって、男性ほど危険ではないケースが大半です。

◇おりものの悪臭がキツくなっても危険とは限らない
そもそも、おりものは少なからず臭うものです。子宮とその周囲の古びた細胞の残骸や、膣分泌液などで構成されているのですから当然です。

さらに、陰部は発汗量が多い場所でもあります。バルトリン腺からの発汗ならまだしも、臭い汗を出すアポクリン汗腺からの発汗の場合は、もちろん悪臭が酷くなりがちです。

 

さらに、皮脂腺から出る皮脂もおりものの構成物ですから、自然と臭いがキツくなりやすいのです。当然、おりものの分量が増えるほど、悪臭はキツくなる傾向にあります。

そして性交渉の後は、おりものの分量が多くなる可能性が高いのです。なぜなら、性交中は刺激や性的興奮などで陰部が湿る事が多く、これに伴っておりものも増えがちだからです。

ですから、おりものの悪臭が酷くなったように思えるのです。つまり、性交渉の後におりもののの悪臭が酷くなったとしても、他の異常が無いならば、性病の可能性は低いという事になりますね。

■性交渉後の血の混じったおりもには注意
ただし「おりもの変動そのもの」に、全く危険性が無いわけではありません。例えば臭いうんぬんではなく、血液がおりものに入ってしまっている場合です。

この折、当然ですが膣のどこかに傷が生じてしまっている恐れがあります。膣にはたくさんの細菌が住んでいますから、放置していると傷口に細菌が侵入してしまうかもしれません。

 

そして、生理期間中(には性交渉はあまりしないでしょうが)やその前後にも、性交渉後のおりものに血液が入ってしまう可能性があります。

また「傷」以上の重大な疾患の兆候という場合もあります。その内、一番恐ろしいのは子宮頸がんです。この疾患に陥っている可能性がどうしても否定できないわけですから、おりものに血液が入っていた場合は、医療機関に診てもらった方が無難です。

病院に行けば別ですが、おりものの悪臭や血液の有無だけで性病かどうか判断するのはなかなか困難です。「臭い」や「血液」以外の情報にも色々と目を向けておきましょう。

生理後のおりものの匂いを改善しよう

生理中はおりものの臭いが強くなる事が多いです。また、生理後にも臭いが強いままである場合も多いです。

■おりものの臭いの誘因
普通は、おりものの臭いは気に掛からないでしょうが、生理後にはおりものの臭いが強くなるケースがあります。その理由は「生理」そのものにあります。

◇生理がおりものに与える影響
身体の調子が少し変わるだけでも、おりものの臭いや色合いが変わる場合があります。ことに、生理はおりものの様子を変える最大の誘因の一つであるとされています。

膣の中の状態は生理によって変わります。生理前は少しアルカリ性に偏っているものですが、生理後は酸性に偏る場合が多いです。「酸」性ですから、生理後のおりものはやはり酸っぱい臭いがする場合が多いです。

◇生理の残滓
生理の際は、経血は当然として他にも色々な物がおりものと一緒に出てきます。その事が原因となって、普通のおりものに比べて、生理後のおりものの臭いは酷くなってしまう事が多いのです。

生理中におりものと一緒に出る事が無かった残滓が、生理後に出てきてしまうので、生理中と同じような強い臭いがしてしまいます。

ただし、ある程度時間が経過すれば残滓を出し切って、ほぼ臭いは消えるはずです。

■おりものの臭いをケアしよう
では、生理後のおりものの臭いをケアするにはどうすれば良いのでしょうか?

◇洗浄のし過ぎはNG
おりものの臭いをケアしたい場合は、水だけで洗うべきだとされています。ただ「おりものを水で洗うだけで臭いが軽減できるのか心配」という人もいると思います。

しかし「不安だから」と言って石鹸などで洗うと、むしろ臭いが酷くなってしまう場合があります。なぜなら、善玉菌が石鹸などで死んでしまうからです。

臭いの要因菌を、善玉菌はある程度退治してくれています。ですから、石鹸などで善玉菌を除去してしまうと、むしろ臭いが強くなってしまう場合があるのです。

◇膣用の石鹸や洗浄剤を使いましょう
産婦人科においては、膣用の石鹸や洗浄剤を用いた膣洗浄によって、おりものを洗い流す事が多いです。

そして私達も、ネットで簡単に膣用の石鹸や洗浄剤等を買う事ができます。せっかくこういうものがあるのですから、普通の石鹸ではなく、専用のアイテムを使っておりものの臭いをケアしましょう。

膣用の石鹸であれば、善玉菌をほぼ減らさずに汚れをケアする事が可能なので、臭いをしっかりとケアする事ができます。おりもの 臭い ケア